列車見張業務

列車見張業務

JR等の鉄道軌道内、鉄道軌道隣接地で工事を行う際に、作業員や建設機械と列車の接触事故を防止する業務です。
線路(軌道)付近で、列車の通過を記した時刻表(ダイヤ)を持ち、列車の進行を現認後、作業中の工事関係者に列車の接近を知らせます。
※この仕事は、日本鉄道施設協会が主催する講習を受け、検査・試験に合格する必要があります。

主なお客様 広成建設様・建設塗装工業様

時に勇気を持って!

列車見張り業務

列車内には、お客様が乗車しており、駅のホームでは列車を待っているお客様がいます。
事故が起きてしまうと多くの人に影響を及ぼしてしまうことから「作業員や建設機械の退避が遅れた」など、事故の可能性がある場合は、「勇気をもって」列車を停めなければなりません。
列車を利用する多くの人のため、安全確保に努めます。

事例紹介

JR山陽本線(広成建設)

山陽本線は、多くの人を運ぶ重要な公共交通機関です。
広島駅を起点として中国地方最大の路線であることから、列車の本数も多く、悪天候時の列車遅れなどイレギュラーも多い現場ですが、そんな時もあわてずに列車の運行を現認し業務を行います。
軌道内は、一般の道路では見られない「信号機」「標識」などがあり、電車はもちろんのこと、貨物列車、ディーゼル機関車など、特殊な列車を見ることができるのも鉄道の仕事ならではです。

車見張り業務の求人情報はこちら